働きやすいエステサロンを探すヒント 働きやすいエステサロンを探すヒント

エステ業界への転職は働きやすい勤務体系を選ぶのがベスト

エステ業界に転職しよう

施術者と女性のイラスト

美しさを追求するエステ関係の仕事は、やはり女性人気がとても高い職種です。また「手に職」の代名詞でもあり産後も復職しやすい点もあることから、転職を考えている方も多いでしょう。そこで、エステ業界に転職する際に重視すべきポイントをご紹介していきます。

転職を行う際の要点

自分の基準を考える
転職にあたり、自分が何に重点を置いて就職先を選ぶのかを明確にしておきましょう。やりがい、給与、残業の有無、人間関係など人によって基準は異なります。特にエステ業界はノルマが設定されているサロンもあることから、選択基準がさらに増えるでしょう。多少キツくても給料が多いサロンが良いのか、それとも勤務時間ものんびりペースで給料もそれなりのサロンが良いのか。条件に関し、自分の中で優先順位を決めておきましょう。
自分に適した求人情報を探す
エステサロンと一口に言っても、接客に関するコンセプトやスタイルはさまざまです。お客様一人一人とのコミュニケーションをしっかり行い、高い接遇を提供する代わりに高い料金を頂くサロンもあれば、あまりコミュニケーションを取らず事務的なサービスを提供する代わりに、低価格で気軽に利用できることをメリットとしているサロンもあります。自分の適正を考え、どのような接客スタイルのサロンで働きたいか考えましょう。
働く場所を考えておく
エステサロンには、スタッフもお客様も多い大手サロンもあれば、スタッフも利用客も限られる個人サロンもあります。業務内容や設備も異なりますので、どういったサロンで働きたいのか明確にしましょう。大手の場合は給与が高め、幅広い施術を行う、最新機器を扱えるといった特徴があります。反対に個人店はひとつの分野に特化していることも多く、その分野のスペシャリストを目指すことができます。自分のキャリアアップや将来のことも考えて決めましょう。
店舗の評判も調べる
お客様の目線に立つことで見えてくることもあります。スタッフの技術や、接客の良し悪し、店内の雰囲気、スタッフ間の連携など。評判が良いということは、技術を磨く教育体制が整っていたり人間関係が良好だったりする場合が多いということです。反対に評判が悪いとサロンは、スタッフの意識が低かったり仲が悪かったりすることもあります。それだと、お客様の心も離れてしまうので、いずれ衰退してしまいかねません。事前に情報をしっかり集めておきましょう。

待遇面もきちんと確認しておこう

転職する上で、自分の目的を明確にしてどういうサロンで働きたいかを考えることはとても重要です。その上で、情報収集を行う際はサロンの勤務日数や休日の数、有給の有無など待遇面もハッキリさせておきましょう。働き出してから「こんなはずじゃなかった」というギャップを防ぐことができます。

現役エステティシャンの口コミ

週休2日制が一般的です(エステティシャン)

エステティシャンとして働く前は、「忙しそうな仕事だし休みも少なそう」と心配でした。しかし私の勤めているサロンは、週休2日が徹底されています。年中無休で営業しているサロンでシフト制のため、お休みの曜日はその週によって異なりますが…。しっかりと休めるので助かります。他のサロンも週休2日制が多いようです。友人は個人経営のサロンで働いていますが、定休日が決まっています。定休日として木曜日+他の曜日1日がお休みだそうで、このように決まっているのも魅力ですね。

TOPボタン