働きやすいエステサロンを探すヒント 働きやすいエステサロンを探すヒント

エステ業界に転職するならワークスタイルと時間管理が大切

転職時は勤務時間に注意

エステ関係の仕事は、店舗によってそれぞれ勤務時間が異なります。勝手に「このくらいだろう」とイメージを固めていると、働き出してから「時間が遅くて子どもの迎えに間に合わない」「勤務時間が短い、もっと働きたい」などのギャップが出てきてしまうかもしれません。転職の際は、しっかりと勤務体系を確認しておきましょう。

エステ関係の勤務時間に関する質問

一般的に勤務時間はどれくらいですか?
基本的には一日8時間程度を基準としているサロンが多いでしょう。ただ、サロンの営業時間はさまざまで、朝10時~夜10時まで12時間オープンしている店舗もあります。こういった場合、早番・遅番のシフト制を導入しているサロンもあれば、休憩を挟みつつ丸一日を通して働くサロンもあり、店舗によって異なると言えるでしょう。ただ朝から夜まで働くサロンでも、週に1日午前中だけの勤務の日があるなど負担を減らす仕組みがあります。
残業は発生しますか?
はい、残業は発生することが多いと考えてください。エステはサービス業であり、予定通りにいかないことも多々あります。飛び込みのお客様や閉店間際に来店されるお客様もいれば、施術が長引いてしまうこともあるでしょう。基本的には残業した分の手当てはつきますが、サロンや給与形態にもよります。また自主練習や店内研修などは手当がつかないケースもあります。

スケジュール管理がとても大事

複数の女性

エステ関係の仕事は、シフト制も多い上にお客様の都合に合わせることもあるため、休日や勤務時間が変動しがちです。自分自身のスケジュールをしっかりと管理し、オンオフを分けましょう。管理がきちんと行えないと、プライベートの時間がなくなって日常生活に楽しみが見いだせなくなります。

休日は平日になることが多い

お客様が来店しやすい土日は稼ぎ時であるため、月曜から金曜日の間に休みを取るケースがほとんどです。シフト制のサロンでは平日の間に交代で順番に、定休日が定められているサロンでは全員が休む日に加えてもう一日交代で休みを取ることが多いでしょう。月の休日数は6~8日が多いようです。

休日は自宅で休むのが最適

エステティシャンに体力は必須です。またお客様に「癒し」を提供する仕事のため、どんなに疲れていても顔に出してはいけません。そのため、休日はゆっくりと家で体を休めることに専念する人が多いようです。また精神面の充実のために、好きなことをして英気を養うことも大切です。

TOPボタン