働きやすいエステサロンを探すヒント 働きやすいエステサロンを探すヒント

エステ業界独自の仕事ポイントを把握しておけば転職時も安心

エステ業界にのみ存在する特徴

エステ関係の仕事には、他の職種にはない「エステならでは」の特徴が存在します。知らずに入職してしまうと、そのギャップに戸惑ってしまうこともあるでしょう。転職する際には、事前にエステ業界の特徴を把握しておくことが大切です。

転職時に気をつけるべきポイント

店舗によってはノルマが存在する
月ごとや週ごと、また金額や達成しなかった際のペナルティの有無など差はありますが、売り上げ目標、いわゆるノルマが課せられているサロンも少なくありません。指名の回数、個人の売上金額などがノルマとなります。ノルマの存在はプレッシャーを感じやすく、他業種から転職してきた方には慣れないこともあるでしょう。ただノルマのある店舗は給与形態として歩合制を取っていることが多く、指名をもらえた分だけ給与がプラスされたり、ノルマを超えた分が賞与として還元されたりします。
女性特有の人間関係
お客様が女性中心の仕事であることから、エステサロンのスタッフもやはり女性が中心です。女性ばかりの職場には、会話の内容が誰かの噂話や愚痴になりがち、お互いへの嫉妬心が見え隠れしやすい、閉鎖的な空間になりがちといった特徴があり、それを苦痛に思うこともあるでしょう。また力仕事を女性だけで行わなくてはならないといった物理的に大変な思いをすることもあります。ただ、逆に女性ならではの悩みを相談しやすく、休暇の取得や時短勤務に理解を得られやすいといった良い面もあります。
コミュニケーション能力が必要
エステティシャンは、技術職であると同時にサービス業でもあります。お客様を癒し、気持ち良くなってもらうためのコミュニケーション力は欠かせません。しかし勘違いされやすいのは、単に「お客様と楽しくお喋りをすれば良い」と思っている方がいることでしょう。もちろん楽しいお喋りも大切ですが、お客様にとってエステティシャンの内輪話を聞かされることや自分のプライベートを無理矢理喋らされるのは苦痛になることもあります。また、笑顔や礼儀正しい挨拶も立派なコミュニケーションです。お客様が何を求めているかを察し、提供できるようになりましょう。
TOPボタン